トップページ > 数学科とは

数学科とは

教育の目標と基本方針

 数学的思考感覚を持つ人々は、現代の社会においてますます必要とされています。 当数学科においては一方では、この様な社会の要求に応えるとともに、 他方では数学の教育、研究に寄与する人材の養成を目標としています。 そのために、当数学科では、新しい知識や概念にも柔軟に対処し得る 基礎学力の充実を図り、現代数学の先端につながる本質的な内容と 広がりを持つ教育を目指しています。
 このような考え方から、具体的には、基幹となる講義を必修科目に指定して 特に重視し、さらに基礎的な重要科目には演習をつけて学生の理解と習得を 助けています。一方、特別講義の枠では時宜に適した講義を 多数用意して、より進んだ数学を学べるようにし、学生が最先端の数学に 早く接することができるよう、新しい話題の提供を行うことに努めています。
 なお、時代の流れと高校教育の変化に対応すべく絶えずカリキュラムの検討を 行っています。

カリキュラム

 1年次には解析概論、線形代数学およびそれぞれの演習、 および現代数学演習の各教科をおき、高等学校での微積分やベクトル の概念を整理しつつ、専門教育の 基礎固めを行ないます。 とくに現代数学演習では、全学生を少人数に分け、セミナー形式で教官が 指導に当たります。
 2年次には、代数学、幾何学、解析学などの各専門分野における入門的な講義を 用意して、数学の全貌に触れるようにしています。
 3年次以降は、選択および必修選択の形でかなり専門色の強い講義も含め、より程度の高い講義が提供されます。また、この他に集中講義を始めとする 特別講義では、数学の様々な分野におけるトピックスが講義されます。演習は講義の 内容を理解して知識を定着させるのに大いに役立っています。また、講義ではカバーできないきめ細かい指導が受けられるという意味でも重要です。このような考え方から、3年次の講義にまで演習が配置されているのも特徴の 一つと言えるでしょう。

 4年次では通常の講義の他に必修の卒業研究において各教官に数名の学生を割り当てて輪講が行われます。 この卒業研究は3年次までに、指定された科目を履修して一定の単位数を 取得した学生のみが受けることが出来ます。 輪講形式のセミナーは、少人数で行われること、学生の主体性が 要求されること、指導教官に身近なアドバイスを受けられることなどから数学の 実力を培うには絶好の場であるといえます。 尚、卒業研究においては外国語のテキストを用いる場合もあり、 一定程度以上の語学力が必要です。

他学部聴講、単位互換、教員免許等

 他学部聴講については、予め学生から申請された科目が数学科の単位として認定するにふさわしいものであれば、それを学科会議を経て数学専門の単位として認めるという方針です。
 必要な科目を習得して、介護等体験や教育実習をすることにより、中学校および高等学校の教員免許を取得することができます。

学生生活への配慮

 1年次学生については、1年次の数学を担当する二人の教官が担任となり 学習上のことや、個人的なことまで、様々な事柄に関して相談を受けるシステムをとっています。また、1年生がスムーズに大学生活をスタートできるように、2年次以上の学生、及び教官達とのソフトボール大会とその後の懇親会を5月中に開催しています。
 4年次学生については、4月に進学、就職に関するガイダンスが行われます。以後、個別相談や推薦については 卒業研究の指導教官があたり、助言、 指導することになります。また、求人資料の 取りまとめ、求人訪問に対する応対を行い、学生の就職活動への手助けをします。