酒井文雄研究室

修士論文リスト


修了年度名前修士論文名
1981藤原 豪On the Iitaka-Mabuchi fibrations associated with vector bundles
1982弓場美裕超曲面孤立特異点の Newton polyhedra による分類について
1983酒寄 仁代数曲面の対数的多重種数写像について
1983小野寺真也曲面上のコンパクト曲線の近傍の形状について
1985永井節夫代数曲線上のベクトル束について
1988中村 秀正規曲面の対数的標準特異点の分類とその局所一意化
1988松岡孝志尖点的平面有理曲線の次数について
1988加藤良也概線型分解をもつ Cohen-Macolay 加群(余次元 5)の Linkage 理論
1989中島幹夫極小双対型標準グラフの分類
1990小林智行Cyclic multiple plane の不正則数に関する Zariski の定理について
1991平野厚子特異点をもつ平面曲線の構成
1991塩田 順奇数次の平面曲線の総ミルナー数
1991鶴 英雄正規曲面対の対数的標準モデル上の宮岡-Yau 型の不等式の応用
1994増田浩次ADE特異点のEsnault数と平面曲線の特異点の個数への応用
1995戸野恵太平面曲線の補集合の基本群
1995飯島綾子既約平面曲線の双対曲線について
1996青木 茂グレブナ基底と双対曲線の計算
1996須永秀治エンリケス曲面に自己同型群として作用する有限アーベル群について
1997宮原雅樹平面4次曲線とその双対曲線の分類
1997小須田智子メビウス関数と領域の数え上げ
1998松田乃里子有限体上の代数曲線の有理点について
1999月岡 透ヒルツェブルフ曲面の変形族におけるファイバーの決定
2000大河内正仁射影代数曲線の分岐被覆写像について
2001朝 克己On plane polar maps
2001渡利正弘Cayley-Bacharach の定理とその周辺
2004篠田昌宏2変数多項式環上の自己同型変換について
2004皆川 悟バラ曲線とロータリー曲線
2005笠井洋介楕円曲線の群構造と暗号理論
2005元井 賢MiyanishiによるAbhyankar-Moh-Suzukiの埋め込み定理の別証明について
2006大越龍二有理4次曲線について
2006風間卓哉3次曲線と4次曲線の射影幾何
2007星野 喬Mason-Stothersの定理とDavenportの定理およびその一般化
2008佐藤真悟On Zannier's theorem about the degree of F-G
2009小川恵太初等整数論のいくつかの話題
2009相馬芳紀平面曲線の単純特異点に対する r 点のヒルベルトスキーム
2010王楠On the gonality of irreducible plane curveas
2012花島昂文Mapleによる楕円曲線の計算

注意:実際の修了は修了年度の翌年の3月


トップへ