代数曲線論シンポジウム

第8回代数曲線論シンポジウム(埼玉大学)

2010年12月11日--12月12日

会場 埼玉大学工学部 総合研究棟1階 シアター教室


参加者 34名

集合写真1(12月12日)

集合写真2(12月12日)


12月11日(土)

田島慎一(筑波大学)・中村弥生(近畿大): V.Bayer と A.Hefez の代数曲線に付随するホロノミーD-加群について

川口良(大阪大学): トーリック曲面上の曲線のクリフォード指数

渡邊健太(大阪大学): 楕円曲線を自由クリフォード因子にもつ偏極K3曲面について

春井岳(大阪大学): Examples of coexistence of hyperelliptic curves and non-hyperelliptic curves in a linear system

戸野恵太(埼玉大学): The projective characterization of plane curves of genus two with one place at infinity


12月12日(日)

川崎真澄(海城高校): Weierstrass points and branch points for cyclic coverings of P^1

白根竹人(首都大学東京): Families of Galois closure curves for plane quintic curves

坂内真三(東京医科歯科大学): On Rational Elliptic Surfaces With Dihedral Group Action

遊佐毅(兵庫県立大学): 種数5以下の標準曲線の前幾何殻について

Changho Keem(Seoul National University): Birationally very ample linear series of relatively low degree on smooth algebraic curves