研究室案内 (下川研究室)

当研究室では、主に、結び目理論、 3次元多様体論を研究します。

基本的には、博士前期課程(修士課程)は2年間で成果を得ることを目標に指導し、 早い段階で研究分野の設定および取り組む問題の決定を行います。 博士後期課程(博士課程)から入学を希望する場合には早めに連絡をとり、 さらに、修士課程の指導教員からの推薦を受けて下さい。

日本学術振興会特別研究員受け入れ

石原海(平成20年度DC2, 平成21年度PD)
(Imperial College London. Research Associateを経て、現在、山口大学教育学部講師)

博士論文

○2008年度(平成20年度)修了
On Heegaard splittings and band surgeries / 石原海

修士論文

○2010年度(平成22年度)修了
Hyperbolic Knots and Invariant Trace Fields / 加賀谷峻

○2009年度(平成21年度)修了
3次元多様体と1次元多様体の対のHeegaard分解の研究 / 杉本裕亮

○2007年度(平成19年度)修了
On handle decompositions of 4-manifolds / 大田尚土
Minimal step number of figure eight knot / 山口泰弘

○2006年度(平成18年度)修了
Boundary slopes and crossing numbers of 2-bridge knots / 山岡悠

○2005年度(平成17年度)修了
On Dehn surgeries of tunnel number one knots and links / 石原海
Topology of 1 and 2-dimensional knots and links / 久保井啓成

○2003年度(平成15年度)修了
3次元球面内の双曲絡み目の補空間の双曲構造の変形空間について / 中村伸男