埼玉大学木曜セミナー


2008年度のセミナー

講演者 :井ノ口 順一氏 (宇都宮大学)
タイトル: 定曲率曲面と平均曲率一定曲面の構成法について
日時 : 2009年1月22日(木) 午後4時〜
アブストラクト : ヒルベルトは双曲平面が3次元ユークリッド空間に等長的にはめ込めないことを証明した。 一方, 19世紀の微分幾何学においてはガウス曲率が-1(及び1)の曲面の具体的な構成が研究されていた。 この講演では19世紀の微分幾何における構成法を現代微分幾何の立場から見直し,より一般化した構成理論を報告する。


講演者 : 長谷川 大氏 (埼玉大学)
タイトル: Singularities of parallel surfaces
日時 : 2008年11月27日(木) 午後4時〜
アブストラクト : We consider classification of singularities of parallel surfaces in R3. We first recall some fundamentals of singularity theory and the notions of focal set, ridge, umbilic etc. for surface. We discuss versality of distance squared unfolding in geometric terms. Since discriminant set of distance squared unfolding is parallel surfaces, criteria for versality implies classification of singularities of parallel surfaces. I will talk about some details on this analysis.