トップページ > 在学生の皆様 > 卒業研究 > 櫻井 力

櫻井 力

2012.02更新

卒業研究の内容

偏微分方程式,フーリエ解析,関数解析などから適当な教科書を選び, 輪講を行います.

教科書の候補

来年度の教科書の候補としては

  • Partial Differential Equations, J. Rauch (Springer)
  • 偏微分方程式, フリッツ ジョン (スプリンガー)
  • A Friendly Guide to Wavelets, G. Kaiser (Birkh\"auser)
  • Mathematical Theory of Wave Motion, G. R. Baldock, T. Bridgeman (Wiley)

などを考えていますが,学生の要望があればそれに応じます.本卒研をとろうとする人は,解析学A,Cの内容を理解している事が望まれます.

過去に使用した教科書

参考までに,過去に使用した教科書は以下のとおりです:

  • Mathematical Theory of Wave Motion, G. R. Baldock, T. Bridgeman (Wiley)
  • Partial Differential Equations, J. Rauch (Springer)
  • Partial Differential Equations, J. Jost (Springer)
  • The Radon Transform, S. Helgason (Birkh\"auser)
  • The Mathematics of Computerized Tomography, F. Natterer (Wiley)
  • A Friendly Guide to Wavelets, G. Kaiser (Birkh\"auser)
  • Fourier Analysis on Euclidean Spaces, E. M. Stein, G. Weiss (Prinston UP)
  • 関数解析, ブレジス (産業図書)
  • 複素関数論, 梶原壌二 (森北出版)
  • 偏微分方程式, フリッツ ジョン (スプリンガー)
  • 偏微分方程式入門, 金子 晃 (東大出版)
  • 流れの安定性理論, 巽 友正・後藤金英 (産業図書)
  • 偏微分方程式の差分解法,高見穎郎・河村哲也 (東大出版)