トップページ > 数学科案内 > スタッフ紹介 > 長瀬 正義

長瀬 正義

2018.10.19 更新

  • 氏名長瀬 正義(Masayoshi Nagase)
  • 職名教授(Professor)
  • 所属理工学研究科数理電子情報部門(Department of Mathematics)
  • 卒業研究

研究分野

  • 幾何学

研究テーマ

現在、Spinq構造 (Spinq structures (J. Math. Soc. Japan 47, 1995, 93-119) において導入:Spin 構造の変形)とそれに関連するトピックスを研究している。 Spinq 多様体は、 ある種の twistor 空間(自然な Spin 構造を持つ)を全空間とする CP1-ファイブレーションを持つ。 その twistor 空間上のディラック作用素に付随するさまざまな不変量 (エータ不変量、解析的トーション、Seiberg-Witten 不変量、等)の 断熱極限の意味を考察することが当面の目標である。

  • M. Nagase and T. Shirakawa: A formula for the heat kernel coefficients of the Dirac Laplacians on spin manifolds, preprint, [pdf].
  • M. Nagase: On the Chern-Moser connection in almost CR-geometry, preprint, [pdf].
  • M. Nagase: CR conformal Laplacian and some invariants on contact Riemannian manifolds, preprint, [pdf].
  • M. Nagase: A formula for the heat kernel coefficients on Riemannian manifolds, preprint, [pdf].
  • R. Imai and M. Nagase: The second term in the asymptotics of Kohn-Rossi heat kernel on contact Riemannian manifolds, preprint, [pdf].
  • M. Nagase: The heat equation for the Kohn-Rossi Laplacian on contact Riemannian manifolds, preprint, [pdf].
  • M. Nagase: Dirac operators on the Fefferman spin spaces in almost CR-geometry, to appear in Osaka J. Math., [pdf].
  • M. Nagase: On the curvature of the Fefferman metric of contact Riemannian manifolds, to appear in Tohoku Math. J., [pdf]