福井 敏純 のページ (写真)
Welcome to Toshizumi Fukui's page. Some part is written in English.

講義関連

卒業研究に関する情報


訪問数学者(Visitors) (次の方が埼玉大学数学教室を訪問されます/ました.)

Laurentiu Paunescu氏 (Sydney 大学)
2009年12月1日から2010年1月1日まで
Goulwen Fichou氏 (Renne 大学1)
2010年2月7日から2月21日まで
Nicolas Dutertre 氏 (Provence 大学)
2010年3月30日から4月14日まで
Nicolas Dutertre 氏 (Provence 大学)
2011年9月11日から9月18日まで
Carles Bivia Ausina 氏 (Universidad Politecnica de Valencia)
2012年3月1日から3月31日まで
Adam Parusinski 氏 (Universite de Nice Sophia Antipolis)
2013年5月7日から5月12日まで
Fabien Priziac 氏 (Universite de Bretagne Occidentale)
2013年10月10日から2014年10月9日まで
Carles Bivia Ausina 氏 (Universidad Politecnica de Valencia)
2016年4月11日から2016年5月10日まで

セミナー  研究集会

関連しそうなセミナーや研究集会の予定を随時掲載していきます。
2016年6月22日(水)より24日(金)まで
第7回神戸特異点研究会
兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス
(案内
2016年6月2日(木)午後より4日(土)午前まで
研究集会「トポロジー・特異点論とその応用」
場所:青山学院大学 相模原キャンパス D棟
2016年4月21日(木) 埼玉大学木曜セミナー
場所:数学研究室1(理工学研究科棟5階)
16:20-17:20: Carles Bivia Ausina (Universitat Politecnica de Valencia)
Log-canonical threshold, diagonal ideals and mixed multiplicities
 : Abstract: We characterize the ideals $I$ of finite colength of the ring $\mathcal O_n$ of complex analytic functions germs $(\mathbb C^n,0)\to \mathbb C$ whose integral closure is equal to the integral closure of an ideal generated by pure monomials. The computation of the integral closure of a given ideal is an important problem both in commutative algebra and singularity theory. The mentioned characterization, which is motivated by an inequality proven by Demailly and Pham, is given in terms of the log canonical threshold of $I$ and the sequence of mixed multiplicities of $I$. Motivated by a result of Hickel, we relate this topic with the question of characterizing the ideals of $\mathcal O_n$ whose multiplicity is equal to the product of their mixed \L ojasiewicz exponents and derive some consequences of our study to singularities of function germs.
before we have the following
13:00-15:00: Informal seminar on tropical geometry (by Cristina Valle)
15:00-16:00: Duality, Eisenbud-Levine's theorem and Gorenstein property (by Keita Suyama, Saitama University)
We have the seminar dinner after.
2016年3月12日(土),3月13日(日)
Encounter with Mathematics 第66回 幾何学と特異点の出会い
2016年2月20日(土),2月21日(日)
Encounter with Mathematics 第64回 複素解析と特異点 -留数が解き明かす特異点の魅力-
2015年11月23日(月)より27日(金)まで
第六回日豪実・複素特異点研究集会(The sixth Australian-Japanese Workshop on Real and Complex Singularities)
鹿児島大学
2015年7月15日(水)
埼玉大学木曜セミナー
 13:00--17:30 埼玉大学大学院理工学研究科棟5階数学研究室1にて
韓 呼和 Hu He Han 氏(横浜国大)
The spherical dual transform is an isometry for spherical Wulff shapes ------- joint work with Takashi NISHIMURA
2015年5月13日(水)
埼玉大学木曜セミナー
 16:20頃より 埼玉大学大学院理学部1号館3階基礎数理演習室にて
  加葉田雄太朗氏 (北海道大学)
  可微分写像の特異点の認識問題とその応用
2013年5月9日(木)15:00頃より
埼玉大学幾何セミナー
 15:00頃より
  Speaker: 安藤加奈 氏 (千葉大学)
  Title; Multi-point connection problem
 : Abstract: We consider single differential equations on the complex projective line which have one regular singular point and one irregular singular point. For any sector, any fundamental set of solutions near the regular singular point, and any fundamental set of solutions near the irregular singular point on the sector, there is a linear transformation relating the two fundamental sets of solutions. The problem of finding the coefficients of this linear transformation is called the connection problem. By composing these linear transformations, we can analyze the Stokes phenomenon. We construct a family of functions whose asymptotic expansions match those of a fundamental solution at a regular singular point. These functions are particular solutions of first order nonhomogeneous differential equations that can be derived from the fundamental solutions at the regular singular point and formal solutions at the irregular singular point of the original differential equation. We call these functions the fundamental functions associated with this two point connection problem. The series expansions of the associated fundamental functions are described by systems of difference equations, and the coefficients relating them to the fundamental solutions can be found by a recursive process. This yields a method for calculating the linear relation between the two fundamental sets of solutions. In this talk, we introduce the Okubo-Kohno method to solve the two point connection problem for linear ordinary differential equations with an irregular singularity of rank one by analyzing the associated fundamental functions. We will also apply this method to the connection problem with more than two singular points.
 16:20頃より
  Speaker: Adam Parusinski 氏 (the University of Nice Sophia Antipolis)
  Title: Normal cycle of semi-algebraic sets
 : Abstract: We give an informal introduction to the normal cycle of a semi-algebraic set. The normal cycle is a geometric object, more precisely a Lagrangian variety, that reflects such geometric features as curvatures measures, vanishing topology and stratified Morse Theory. It provides a geometric interpretation of the Stiefel-Whitney characteristic classes of singular semi-algebraic sets. I have some notes on my web page
2012年2月29日(水)13:30頃より
埼玉大学幾何セミナー
 13:30頃より
  講演者: 増田 亮 氏
  タイトル: Debreu の正則経済の理論について
 15:00頃より
  講演者: 佐藤 肇 氏
  タイトル: シンプレクティック織物,サムエルソン条件,接触化
2011年12月22日(木)16:20--17:50
埼玉大学幾何セミナー
  講演者: 梅原 雅顕 氏 (東京工業大学)
  タイトル: 波面に関するガウス・ボンネ型の定理の高次元化の試み
2011年11月10日(木)13:00--16:20
埼玉大学幾何セミナー
 13:00--14:00
  講演者: 長谷川 大 氏 (埼玉大学)
  タイトル: Height functions on Whitney umbrella
 14:10--15:10
  講演者: 直川 耕祐 氏 (東京工業大学)
  タイトル: 3次元ユークリッド空間における可展的なメビウスの帯について
 15:20--16:20
  講演者: 本田 敦史 氏 (東京工業大学)
  タイトル: 3次元球面の外的平坦曲面と向き付けられた測地線の空間の幾何構造
2011年11月29日(火) -- 12月2日(金)
京都大学数理解析研究所研究集会
22 November 2011 -- 25 November 2011
第四回日豪実・複素特異点研究集会(The fourth Australian-Japanese Workshop on Real and Complex Singularities)
神戸ハーバランド
2011年10月6日(木)16:00--17:30
埼玉大学幾何セミナー
 研究発表会(博士論文中間発表会)
 14:30--15:30
  講演者: 長谷川 大 氏 (埼玉大学)
  タイトル: Singularities of parallel surfaces of regular surfaces and fronts of Whitney umbrella and related topic
5 September 2011 -- 9 September 2011
幾何学とトポロジーにおける特異点 第6回 日仏特異点シンポジウム
The Nishijin Plaza Lecture Hall, Kyushu University
2011年7月7日(木)14:30--17:30
埼玉大学幾何セミナー
 14:30--15:30
  講演者: 長谷川 大 氏 (埼玉大学)
  タイトル: Fronts of Whitney umbrella
 16:00--17:30
  講演者: 塚田 孝治 氏 (日本大学)
  タイトル: Caustics and Wavefronts on an r-corner
15 September 2009 - 18 September 2009
Australian-Japanese Workshop on Real and Complex Singularities
University of Sydney, Australia
July 27 - August 01 2008
10th International Workshop on Real and Complex Singularities, ICMC - USP - Sao Carlos, Brazil
2008年2月18日(月)?・ 21日(木)
第3回代数・解析・幾何学セミナー ( 鹿児島大学理学部 1号館104講義室)
世話人:木村俊一(広島大理),竹内潔(筑波大数学),與倉昭治(鹿児島大理)
2007年12月20日(木)
埼玉大学木曜セミナー(仮)
Complete transversal in ${}_iQ(f)^p$ and its applications
西村尚史氏(横浜国立大学)
[アブストラクト] 可微分写像の特異点の分類、とりわけ重要な右左同値による分類においては、 complete transversal という概念は欠かせないものになっています。この概念は、次数一定の斉次多項式写像全体の空間において考察されれるのが通常ですが、考察する場所を少しばかり変え ${}_iQ(f)^p$ の中で考えることにしますと、右左同値軌道の接空間の構造がわかりやすくなります。講演ではその応用の部分からお話しし、後半で定義する ${}_iQ(f)^p$ は有用であることを感じていただければ、と思っています。
2007年11月26日(月)ー11月29日(木)
第二回日豪実・複素特異点研究集会(京都大学・数理解析研究所)
the second Australian-Japanese Workshop on Real and Complex Singularities, (RIMS, Kyoto University)
Real and Complex singularities (Proceedings of the first Australian-Japanese Workshop, World Scientific) is now available.
Nov. 19 (Mon)--24(Sat), 2007, Tokyo University of Agriculture and Technology
Geometry and Analysis on Complex Algebraic Varieties
2007年10月17日(水)18日(木)19日(金)
特異点解析の理論と方法(東京工業大学大岡山キャンパス)
2007年8月27日--31日
幾何学とトポロジーにおける特異点 第4回 日仏特異点シンポジウム (立山国際ホテル)
May 21, 2007 (Monday) - May 22, 2007 (Tuesday)
Perspectives of Differential Analysis and Singularity Theory, Hokkaido University
埼玉大学木曜セミナー(仮)
時間:都合のつく木曜日, 午後4時から
場所:埼玉大学理学部2号館5階演習室(551号室)
談話会

過去の情報 ( 2006年度, 2003-5年度, 2002年度, 2001年度, 2000年度, 1999年度, 1998年度)
埼玉大学への行き方
埼玉大学周辺のホテル情報

研究分野は特異点論です。

研究テーマ--- 特異点論とは何か?
特異点論の基本文献、教科書など (大学院を希望する人は見るといいかも)
Cusps in caustics ( picture  1 picture  2)
list of papers

他のサイトへのリンク (Link)

Fabien Priziac さんのページ
RAAG(Real Algebraic and Analytic Geometry in Europe)
ESN(The European Singularities Network)
JSN(The Japanese Singularities Network)
北海道大学・石川剛郎さんのページ
近畿大学・泉脩藏さんのページ
横浜国立大学教育人間科学部・西村尚史さんのページ
北海道大学理学部・大本亨さんのページ
Laurentiu Paunescu (University of Sydney)さんのページ
Adam Parusinski (Universite d'Angers)さんのページ
Krzysztof Kurdyka(LAMA, Universite de Savoie) さんのページ
Goulwen Fichou(Renne 大学1)さんのページ
Juan J. Nuno Ballesteros (University of Valencia)さんのページ
Angel Montesinos Amilibia (University of Valencia)さんのページ
Marcelo Saia (ICMC USP) さんのページ
Jerzy Weyman (Northeastern University) さんのページ
Askold Khovanskii(Toronto 大学)さんのページ
Ould. M. Abderrahmane さんのページ

Google Scholar Beta
Front for the Mathematical ArXiv
日本数学会(Mathematical Society of Japan)
American Mathematical Society  [ MathSciNet(数学教室内からのみ)]
Canadian Mathematical Society
London Mathematical Society


リンクを張られる場合はこのページ (http://www.rimath.saitama-u.ac.jp/lab.jp/ToshizumiFukui.html) へお願いします。(このファイル以外は予告なく移動することがあります。)

When you add my page to your links of your webpage, please link to this page (http://www.rimath.saitama-u.ac.jp/lab.jp/ToshizumiFukui.html).